第45回日本臨床神経生理学会学術大会・第52回日本臨床神経生理学会技術講習会

会長挨拶

2015年11月5日(木)から7日(土)の3日間、第45回日本臨床神経生理学会学術大会を、大阪市の大阪国際会議場にて開催させていただくことになりました。併せて第52回日本臨床神経生理学会技術講習会を11月6日(金)午後から7日(土)の午前にかけて開催させていただきます。このような歴史ある学会のお世話をさせていただきますことは、私をはじめ教室員一同まことに光栄に存じておる次第でございます。
今回のテーマを「往古来今」とさせていただきました。「往古来今」とは、過去・現在・未来を表し、その時間的・空間的な限りない広がりを意味するものです。脳波・筋電図を中心とする電気生理を中核とする神経生理学のすばらしさを再認識していただき、神経生理学の発展に寄与できる学会にしたいと考えております。歴史的な展望から今後の展開までを、特別講演、シンポジウム、ワークショップ、モーニング・セミナー、ランチョン・セミナー、イブニング・セミナーおよびエキスパート・レクチャーなどの多彩な企画の中で実施運営させていただく予定です。一般講演もポスター発表だけではなく口頭による発表形式も設けたいと考えております。多数のご参加を衷心よりお願い申し上げます。

第45回 日本臨床神経生理学会学術大会
会長 木下 利彦 (関西医科大学 精神神経科学教室 教授)

ページの先頭へ